OUR TAKAHATA

TAKAHATAの社員は、「技術と品質と人財を軸としたモノ作りを通じて社会に貢献する」という経営理念のもと、チームワークを重視しながら一人ひとりが生き生きと仕事に取り組んでいます。リサーチ&ディベロップメント、クオリティマネジメント、カスタマーサービスというグローバルミッションを世界共通の品質レベルで提供し、グローバル企業への成長を目指して、世界中でより良いモノづくりに挑戦しています。

TPJP TAKAHATA PRECISION JAPAN CO., LTD.

深田純孝 常務役員 営業本部長

深田純孝
常務役員 営業本部長

当社はエンジニアリングプラスチックの開発型メーカーとして80年以上の実績を誇ります。高度な技術と品質を主軸にお客様のあらゆるニーズにお応えするグローバル生産体制を築いていることが信頼をいただいている理由です。また、営業が技術的素養を持ち、お客様のニーズや課題に対して迅速に対応できることも強みでしょう。
近年お客様の要求は多岐にわたりますが、当社はそうしたニーズにワンストップで応えています。同時に、創業から築いた金属加工技術とプラスチックエンジニアリングの融合など、トータルソリューションの提供により新たな製品開発を支えています。モノ作りがますますグローバル化していく中、我々は進化し続けなければなりません。

TPJY TAKAHATA PRECISION MINOBU CO., LTD.

五味 敏仁 生産管理課長

五味 敏仁
生産管理課長

世界規模での環境変化、競争が激化し、あらゆる場面で、従来の概念では太刀打ちできない状況が生まれています。私たちはまず、足元を固め、目的・目標を明確にし、全員が一枚岩となって、何事にも途中であきらめない強い体制・体質作りを進めなくてはなりません。そのためにも、強い精神力、高い技術力の裏づけとなる、「モノ作りはヒト作り」を基本とした「部門間(世界規模)のまとまり(結束)」「決め事を守る体質」「何事もスピード」「愚直」「少しでも改善しようとする気持ち(心構え)」を社員一人ひとりが持って努力しています。
これが、TAKAHATAの強みです。

TPJK TAKAHATA PRECISION KYUSHU CO., LTD.

岡 純一郎 生産管理課長

岡 純一郎
生産管理課長

TAKAHATAは、世界9カ国15拠点で事業活動をするグローバル企業ですが、拠点間の情報や横展開のスピードは、非常に速いと思います。また、各拠点の中での各部署間の連携にも、目を見張るものがあります。TPJKには若く優秀な人財がたくさんいます。試行錯誤し停滞しそうな時もありますが、各拠点からのフォローによりどんどん伸びてきています。これからもTAKAHATAがお客様の満足を得つづけるためには、今よりもっと速いスピードで連携・成長していかなければなりません。そのためにも3つの方針(信頼・品質・変革)と、6つのスローガン(チームワーク・モノ作りはヒト作り・挑戦せよ・真のグローバル化・個から組織へ・全員がお客様を向くこと )を常に心にし、日々の業務を推進していきます。

TPTN TAKAHATA PRECISION TENNESSEE, INC.

デブラ・トンプソン 社長

デブラ・トンプソン
社長

優れたグローバル企業には、優秀な社員の存在が不可欠です。チームワーク、勤労、忠誠。この3つを兼ね備えた社員が、企業を成功に導きます。また、多様性を受け入れていることも、TAKAHATAの強みです。様々な価値観を取り入れ、自分たちのものにすることで、TAKAHATAはより力強く成長できるはずです。さらに、次世代を担う若いリーダーの育成に向け、様々なプログラムを支援しています。環境面では、リサイクル活動である「TPTNゴー・グリーン」を推進。社員の環境意識も飛躍的に高まっています。社員と会社への誇りを大切にするTAKAHATA。これからも新しい技術や考え方を取り入れながら、私たちの道を歩みたいと願っています。

TPPP TAKAHATA PRECISION PLASTIC PRODUCTS (SHENZHEN) CO., LTD.

吉成浩一 総経理

吉成浩一
総経理

TAKAHATAのグローバル展開のスピードと人財の層の厚さには目を見張るものがあると思います。1990年のマレーシア工場設立以来、海外社員の80%以上は現地採用です。国籍や人種、性別に関係なく誰もが能力をフルに発揮できる環境があるので、グローバル市場でも発展すると確信しています。
TAKAHATAは、高い技術力と優秀な人財によって高い評価を受けてきました。さらに省エネや電気自動車、燃料電池やエレクトロニクス等の技術開発も行い、メーカーとしての成長も続けています。今、グローバル企業として進化する中、中国工場が担う役割も拡大しています。最先端の技術を提供しTAKAHATAの海外拠点の模範となるよう目標に向け努力していきます。

TPTH TAKAHATA PRECISION(THAILAND)LTD.

ワッタナ タカーンパーサクーン 副社長

ワッタナ タカーンパーサクーン
副社長

成形金型プロセスを構築し、最先端の技術を有するエンジニアリングプラスチックの最高の製造メーカーであることを、私は誇りに思います。1991年にタイに拠点を持って以来、工場を3つに拡大し、お客様の多様なニーズにお応えするとともに、月々約3,500万個の部品を製造しています。これらは、自動車機器やOA機器、カメラ、住宅機器や医療機器等、様々な製品の部品として使われています。さらに社員を強みとし、素早い行動と作業効率、仕事の密度を重視するチームで仕事を行っています。また、社会貢献や慈善活動に参加し、チームワークの強化に努めています。これらはすべて、業界を牽引する企業としてTAKAHATAを成長させる推進力になると思います。

TPVN TAKAHATA PRECISION VIETNAM CO., LTD.

ファム タイン クゥオン 経理部長

ファム タイン クゥオン
経理部長

私たちは、TAKAHATAグループが最先端の技術を利用した、精密で高品質の製品を製作する会社であることを誇りに思っています。
私はTAKAHATAグループの真のグローバル化と安全な製品、最高のサービスを提供し、社会に貢献するためには、3つの要素が必要だと信じています。「卓越した技術力」「品質」「優れた人財」がそろえば、この先も他に負けない力を得られるでしょう。これらを実現するために、社員の理解力、コミュニケーション力、作業スキル、チームワークを中心に教育を行っています。
私たちは、社会に貢献するとともに、TAKAHATAグループの経営理念に準じ、環境マネジメントの実施等環境方針に沿った環境に配慮した事業の発展に努めています。

TPML TAKAHATA PRECISION MOULDING SDN. BHD.

ワン リズアン 設計部長

ワン リズアン
設計部長

私たちTAKAHATAグループは、国籍、人種、宗教にとらわれることなく団結しています。ひとつにまとまった意思のもとで、技術、ノウハウ、能力を共有して活動しています。お互いの考え方や文化について知り、尊重しあえば、言語の違いはなんの妨げにもなりません。
成型技術もTAKAHATAの強みのひとつです。長年培ってきた経験と、熟練の技術者がもつノウハウをまとめた独自の金型設計標準により、若い世代でも質の高い設計ができ、また短期間で成長できます。
改善活動と5Sも事業の成長に大きく貢献しています。TAKAHATAでは各拠点で改善活動と5Sを積極的に行っています。

 

TPIN TAKAHATA PRECISION INDIA PVT. LTD.

チャンダン クマール 調達・生産管理部長

チャンダン クマール
調達・生産管理部長

私たちは、高質の製品を、時間通りに納品することでお客様の信頼を得られると信じています。企業理念を実践し、TAKAHATAグループと社会の発展に貢献していく次第です。その一環として、私たちは常に小さな改善を行っています。これは小さな改善を継続的に行うことで、大きな改善を成しえると考えているからです。
また、私たちは「人」と社会の大切さを認識し、密なコミュニケーションを大事にしています。これにより会社と社員の関係も良好になっています。また、社員の英語の習得も進んでおり、真のグローバル企業になるため、日々邁進しています。