Value Analysis / Value Engineering

TAKAHATAでは、お客様の設計活動に早い段階から参画し、フロントローディングによる設計活動で金型製作性、製品成形性を考慮した製品形状を提案しています。製品機能を理解することで、部品の一体化など一歩踏み込んだ形状提案でコスト低減活動への貢献も果たします。

介護用ベッド部品(背板)

高精度対応成形再現性に優れた精緻な歯車

部品点数を減らしコストダウン

これまで押出し品として部品点数101点だったものを射出成形品に変更し部品点数6点へ。コストダウン率50%を実現。

材質
PP

シャワーヘッド

高精度対応成形再現性に優れた精緻な歯車

共通設計でコストダウン

シリーズ化に伴い、機構部品を共通設計。コストダウン率40%を実現。

材質
ABS等